<
商品について

PSEマークが必要な商品を教えてください。また、PSEマークを付ける場合はどのような手続きが必要になりますか?


《PSEマーク(電気用品安全法)》
PSEマークとは、消費者を電化製品による火災等の事故から守るために施行された
「電気用品安全法」の安全規格に適合していることを示すマークのことです。
適合製品にはPSEマークをつけて販売することが義務つけられています。

■対象商品
日本で100Vコンセントに接続して使用される、ほぼ全ての電気製品が対象です。

丸形:特定電気用品以外の電気用品
扇風機や電気ポットなど、通常の電気用品は丸形に該当します。
一覧はこちら
菱形:特定電気用品
電気マッサージ器、電気サウナバス等の高い安全性が要求される製品が対象となります。
一覧はこちら

※PSEマークが必要な商品か、どちらのPSEマークになるかわからない場合は
経済産業省にお問い合わせください。

【PSEマーク手続き方法】
第三者機関を通じて安全規格を満たしているかを確認する必要があります。
深センマートでは、中国側の認証会社を利用することでPSEマークを付けることが可能です。
費用:約12000~15000元