システム編

9 検品品質

検品について

検品とは

検品とは、商品に異常が無いかを調べ、検査を行うことです

検品なしの中国輸入ビジネスは命取り!?

中国は日本と違っていい加減なところが結構あり
日本では考えられないことが頻繁に起こります。

  • 送られてきた商品が壊れていた・・・
  • 色が違っていた・・・
  • 商品自体が違っていたと・・・

等ありとあらゆるトラブルが起きます。

特に安さ重視で選んだ商品は高い確率で不良品が混ざっており
最悪の場合、ほとんどが不良品で売り物にならないなんてこともあります。

検品なしの中国輸入ビジネスは存続不可能

もし、検品をせず中国から輸入した商品をそのまま日本で販売したらどうなると思いますか?
簡単に想像できると思いますが、不良商品はクレームの嵐返品の嵐となり、
最終的にはまったく売れないとなってしまいます。

これって、とても怖いことですよね。
検品なしの中国輸入はまさにビジネスの存続を危険にさらす命とりの行為となるのです。

商品品質=お客様の信頼

検品を怠ればたちまち信頼をなくします。
検品はお客様からの信頼を得るためにも絶対に必要です。

どういった形であれ、物販をやるのであれば店側には安心できる商品を提供する責任があります。
しかし、その責任を果たさなかったとしたら、その店の行く末は一体どうなるでしょうか。

商品品質はそれを売っているお店やオリジナルブランドの信頼性に直結してます。
その信頼を得るために、そして守るためにはやはり検品はかかせず
不良品の多い中国輸入においては特に慎重に行う必要があるのです。

WMGの検品は、会員様から満足していただける検品の技術をもっています。

基本検品

原則外観検査(抜き取り検品)となります。

外観検査とは

深セン事務所に商品が到着後、ランダムで商品を1つ抜き取り
パッケージ等を開けずに数・色を確認することです。

工場から商品を配送し、深センマート事務所にて外観検査

費用

  • 商品代金に含む

検品内容

  1. 傷の確認
  2. 破損の確認
  3. 汚れの確認

工場から商品を配送し、深センマート事務所にて全数外観検査

費用

  • 全数外観検査費用:50円/個(税抜き)
  • 全数機能性検査費用:90円/個(税抜き)

検品内容

  1. 傷の確認
  2. 破損の確認
  3. 汚れの確認

工場に出向いて特別検査

費用

  • アパレル特別検品費用:60円/個(税抜き)
  • アパレル以外特別検品:50円/個(税抜き)

※出張費も含まれている価格です。

アパレル検品対象商品

洋服・バック・財布・靴・アクセサリー・帽子などアパレル付属品

検品内容

  1. 機能性抜き取り検査に必要な設備が生産工場にしか無い場合
  2. 工場が深センマート事務所から遠い場合
  3. 商品が特殊な場合
  4. 配送時の送料が高い場合
  5. 不良が発生しやすい商品の場合
  6. 商品のパッケージが開封できず、パッケージ封入前に検品が必要な商品の場合
  • 上記①~⑥に当てはまる場合は事前にご連絡し、承認を得てから検品を行います。

注意事項

  • 工場より製作したサンプルを品質標準に検品を行います。
  • 生地選択間違い、デザインの間違いによる量産品の不良多発があった場合、工場は負担いたしませんのでご注意ください。
  • 工場管理ODMにて10%以上の不良分は工場へ返送し、不良品補充を行います。
    なお、不良率10%以内の場合は不良品補充は行いませんのでご注意ください。
  • 商品の不良補充は工場と深センマートにて負担いたしますが、往復送料は負担いたしませんのでご注意ください。
  • 検品合格基準はAQL2.5に従い、会員様からご提供いただいた検品内容に沿って検品を行います。